So-net無料ブログ作成

出来てもできなくても [バレエ]

今の自分には難しめのポワントレッスンを受けました。
これがまた新鮮な体験でした。

普段かゆいところに手が届くような
懇切丁寧なレッスンを受けていた身には
出来ても出来なくても放っておかれるというのが
とーっても心地良かった。

ハイハイできるようになって、
さらにつかまり立ちが出来るようになった頃
お母さんは赤ちゃんの歩く先に危険なものがないか目を光らせ
TVのリモコンが転がっていようものならあわてて取り除く
そんな手取り足取りなポワントレッスンを受けてきました。
そしてそういうレッスンに十分満足していました。

私の仕事は曜日も時間も決まっていません。
月の終わりに翌月のシフトが決まるので
何曜日が休みと決まっていないのです。

ある日普段休みでない日がお休みになったので
今まで受けたことのない先生のレッスンに出ました。

自分の今の力より難しいクラスのポワントレッスンです。
受講者も多め。
クラスの中心はある程度ポワントテクニックが不自由なくできる方たち。

なのでヨタヨタの私は多少出来ないことがあっても
放って置かれるというレッスンスタイル。
これは私にとってはとっても有りがたかった。

できないことを何とか自分で考えて
どんなに不恰好でもとにかくやろうとする。
そんな気持ちが自分にもまだあったというのが新たな発見でした。



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキングへ



今年はここからスタート [バレエ]

今冬休みなのでオバサン達の中に混じって学生がレッスンしています。
それにしても学生達ターンアウトは完璧、
回れば3回転以上、エクステンションも完璧。
技術的には申し分ない。

でもバレエは芸術ですからね。
それらができてからがスタートなんですね、コレが。

今は彼女たちは若いので回ることや飛ぶことばかりに
心を奪われていますが
オリンピックの採点競技じゃないのでね、バレエは。

回れて飛べるだけではお客の心はつかめません。
女性でもコンスタントに4回転くらい回るというなら別ですが。


ハイ負け惜しみで書いています。

若い頃はアンデオールピルエットもアンデダンピルエットも
3回転まわってましたよ、こんな私でもね。
あれからいろんなことがありました。
長い長いあいだレッスンお休みしたりとか。

今では左回りのポアントのアンデオールピルエット
一回転に届かないありさまですわ、オホホホ。

・・・・どこかの人気ブログのパクリのような口調になってしまいました。


今年の目標を立てました。

「ポワント右足に乗り切る」

いわゆるアライメントがズレている状態なんでしょうね。
今年はここからスタート。


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキングへ




レッスンできるだけで上出来 [バレエ]

あけましておめでとうございます
本年もよろしくおねがいしますね。
少々ごあいさつが遅くなりました。

いえ、パリにちょっと行ってたもので。
な~~んてね。
一度でいいから言ってみたい。


年末年始の一週間はレッスンお休みのところが多いです。
で、この一週間のお休みに海外でバレエレッスンしてくる
なんて人もいるわけです。
バレエの先生が、というわけでなく一般の生徒さんが。

なんという貧富の差。

私は年末年始に来日する
海外バレエ団の公演を見るのもままならないのに
OLさんの一ヶ月の月収分と同じくらいの発表会費を毎年ポンと出して
しかもレッスンのお休みの日にはパリでレッスンという人・・・・。

どれだけセレブなんだか。

(あ、今OLさんていないのかしら?)


スポーツクラブのバレエクラスでもなんてことない普通のオバチャンが
「私も以前ニューヨークでレッスンしたことある」なんてさらっと言う。
日本には昔バブル、なんて日々がありました。

まあ、私は私なりでいくしかない。
今のところはレッスンだけの日々。

レッスンできるだけでもヨシとしよう。


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキングへ