So-net無料ブログ作成

世の中そんなもん [バレエ]

スポンサードリンク




あっという間に月末になっていました。
年を取ると月日が経つのが早いこと、早いこと。
この前バレンタイン祭りだと思ったら、
あと4日で雛祭り。

20170227.jpg

この年でナゼ、バレンタインの言葉を出したかというと
バレエスクラスでバレンタイン企画をやってくれたので[イベント]
それはそれは素敵なひとときだったのです。

私が若いころのバレエクラスなんて
そういう企画物なんて一切ありませんでした。
ただ単に練習あるのみ。
それはそれで悪くはないですけどね。
今バレエレッスンをやる年齢層が高くなったのをかんがみて
運営側もいろいろ考えているのでしょう。

さて、そのバレンタイン企画のお楽しみ会
バレエシューズで参加してもトーシューズで参加しても可。

その中に「大人になってバレエはじめました」
という方がいました。
始めてそれほど経っていず
最近ポワントを履き始めたという方。

最初の基礎レッスンではいかにも初心者、という風情。
全身ふにゃふにゃで筋肉がほとんどない。

それで次のお楽しみ会の時間になって
彼女がポワント履いて立ったのを見てびっくり仰天。
もう一度繰り返しますが彼女は始めて数年の初心者。
でもポワントで立ったらタマラ・ロホのような美しい
見事な甲だったのです。

でも初心者なのでその脚でもイザ踊るとなったら・・・でしたが。

やっぱりバレエって持って生まれたものが8割なのね。
パリオペとかワガノワのバレエ学校って
何千人もの応募者の中から
医者の立会いの元、バレエに適した体を持った子のみを選ぶんですものね。
(競走馬の選別みたいに)

彼女はごく自然に膝を伸ばしてポワントで立っていました。
見事な反張脚。

・・・世の中そんなもんです。


あら、私ったら自分がバレエ向きの体ではないことを理由に
つい努力と精進を放棄するところでした。
「珠(たま)磨かざれば光なし」ってね。

いくらバレエ向きの体を持っていたとしても
努力しなければバレエ向きでない人と同じ、でございます。

少し元気が出てきたわ。




にほんブログ村





スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました