So-net無料ブログ作成
検索選択

プレゼント [バレエ]

スポンサードリンク




たまたまぽっかり空いた一日
バレエのレッスンとポワントレッスンを受けようと思っていたら
ちょうど私に都合の良い初級レベルのレッスンがありません。
代わりにヴァリエーションのレッスンならあったので、
躊躇したあげくおそるそる出てみました。

そしたらまあ、コレがとっても面白かった。
先生の教える力量のおかげもあるのでしょう。
すでに何回も見て知っているということもあるのでしょう。
2日で通しで踊れるくらいに振付してくれます。
ポワントでは難しいテクニックもあるのですが
先生の方針としてはあえて易しくせず、
テクニックを身につけて知ってほしい
と言う方針なのだと想像致しました。

味をしめた私は毎週そのヴァリエーションレッスンに出ることに・・・。
しかし「地獄への道は舗装されている」ということで。

やっぱり振りを多少易しくしてあったとしても
それはホラ、
ヴァリエーションと言うのはやっぱり主役やソリストが踊るもの。
クラスでいったらプロクラスor上級クラスの生徒が習うものよね。

私のように永久入門者にはどんなに楽しくても
やはりムリがありました。
それに加えて、近年加速している加齢がね・・・。

まあ、加齢のせいにしている弱者ですけど。

それでやっぱり地道にクラスレッスンでいこうと
入門のポワントレッスンに行ってきました。

そうしたら敵も然(さ)る者、
先生は私たちのような生徒の心情はとっくにお見通しなのでした。

クラス全体を最初から最後まで「白鳥の湖」づくしにしてくれました。
ごくごく簡単なステップに白鳥の身振りや
オデットとオディールの曲にのせて
ごくごく簡単なステップを振付けてくれました。

ヴァリエーションこそ踊りませんでしたが
バレエを踊るという本質の部分の練習ができました。

いつも基礎練習ばかりな私たちへの
先生からのそれはそれは優しいプレゼントでした。




にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエランキングへ


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました